ホームホームマガジン > gnkosai/ゲンキコサイ/ワタシのヒビ > 2016911

ワタシのヒビ

2016911


原因もわからないままで
忘れようがないことばかりだ

旅に出ていた 随分と中身の濃い10日間
奄美大島から沖縄そのまま下北、そして逗子
海から始まり海で終る旅

奄美は今年3回目 皆に当たり前の様に
「おかえりぃ」と言われ「ただいま」と笑顔で答えた
沖縄は7、8年振り それでも覚えてくれていた仲間に
「おかえり!」と言われ「ただいま!」と答えた
散々、ゲンキが帰ってきたぞ!と言われて嬉しかった

下北も逗子も、だ。
本当に感謝しています

思えば不思議な旅だった
奄美から沖縄へ移動する船が欠航し
奄美滞在が一日延びた そのおかげで父親に会えた
父が奄美に演奏しに行き始めたのが、今の俺の歳くらい
それを知れたのも何かの縁だ

成田から直接向かった下北沢でのライブ後
お客さんに言われた言葉
「やっぱり名前(バンド名)をよく見るだけあるわ、良かった」
嬉しかった

10年前に書いた「Folk」という詩がある
リトルキヨシトミニマム!gnk!の2枚目のアルバムに入っている
その詩の中で

「ただいまとおかえりの距離に 一体何を感じるでしょう?」
という言葉がある

あれから10年が経ち あの頃のそれと
今の その広がりに何かを感じた
そしてすぐに 忘れた振りをした

でもしっかりと その感触は覚えてる

  • 前回の記事
  • この連載のトップ
  • 次回の記事

▲新着順▲著者順