ホームホームマガジン > gnkosai/ゲンキコサイ/ワタシのヒビ > 20161024

ワタシのヒビ

20161024


奈良から帰って来た

毎度、場所を変えて行われる維新派公演。
縁あって、とは良く言ったモノで実際は縁を作ったのだ。

四年前の岡山、犬島公演の時、維新派屋台村にはバンドは出ていなかった。
俺達は横浜から全ての機材を積み込み、車と船で上陸したんだ。
あの時の感覚は多分、一生忘れられない。
以来年に一度、大阪、曽爾村と呼んでもらい、松本さんが亡くなり、
今回が最後の維新派屋台村公演だった。

去年の時点で
「来年は世界遺産や!平城宮やで!」
「世界遺産でライブしたことないやろ!」と言われてたっけ。

奈良へ向かう前日、いやもっと前から、そう4年前から
ずっと思っていたこと、毎年書いたり、言っていたこと。
今年は書かなかったし、言わなかった。

だだっ広い平城宮跡に
とてつもない規模のステージと音響
素晴らしい環境の屋台村が ポツンとあった

そこに毎日、600人を越す人達が来場する。
別にただそれだけのことだ。

だから軽はずみに興味を持つと損をすることもある。
だって終わりがあるんだもの、寂しいじゃない。
確実に終わりがある。みんなそれを知ってるんだね。
今回俺は改めてそれを学んだ。

俺達も、まったくもって同じ事をやっている。
そんな旅の途中である。

お別れは突然やって来る、そういうことだ。

イイ旅を続けて行きます。
縁あって、縁を作って、お会い出来る皆さんに最大限の感謝を。

  • 前回の記事
  • この連載のトップ
  • 次回の記事

▲新着順▲著者順