ホームホームマガジン > MIDI RECORD CLUB/Information > ハイレゾリマスタリングで蘇るローザ・ルクセンブルグのアルバム3作品

Information

ハイレゾリマスタリングで蘇るローザ・ルクセンブルグのアルバム3作品


photo

 
ハイレゾリマスタリングで蘇るローザ・ルクセンブルグのアルバム3作品



1st Album ぷりぷり
2nd Album ローザ・ルクセンブルグII
Live Album LIVE AUGUST



今回の音源は2013年発売のCDBOXのリマスターの音源とは異なり、
あらためてオリジナルアナログマスターテープから
ハイレゾ配信のためにDSDマスタリングをやり直しました。
ローザ・ルクセンブルグの作品のうち、
今回はオリジナルアナログテープからの作業が可能だった
『ぷりぷり』『II』『LIVE AUGUST』の3作に絞り、
当時のサウンドに限りなく忠実に仕上げてあります。

特に『LIVE AUGUST』に関しては、
アナログLP3枚組の当時の構成を完全再現するために
CD再発以降の同タイトルのものと比較すると
フェードアウトのタイミングなどを変更しています。




全体においてオリジナルアナログマスターテープに由来するヒズノイズや転写音があります。
「LIVE AUGUST」の「モンゴル放送局」の2分58秒(ギターソロ部)に一瞬の音揺れがあります。オリジナルアナログマスターテープに由来するもので、そのままになっています。 


 

photo

「ぷりぷり」
おもちゃの血
在中国的少年
原宿エブリデイ〜ブルーライトヨコハマ〜
北京犬
大きなたまご
アイスクリン
バカボンの国のポンパラスの種
だけどジュリー
ニカラグアの星
毬絵
少女の夢

「ROSA LUXEMBURG II」
さいあいあい
あらはちょちんちょちん
フォークの神様
デリックさん物語
かかしの王様ボン
さわるだけのおっぱい
シビーシビー
テレビ28
まったくいかしたやつらだぜ
橋の下
眠る君の足もとで

「LIVE AUGUST」Disc1
A面
さいあいあい
あらはちょちんちょちん
おいなり少年コン
フォークの神様
かべ
B面
虹のまりちゃん
北京犬
モンゴル放送局
不思議だが本当だ

「LIVE AUGUST」Disc2
C面
デリックさん物語
くちゃ
ひなたぼっこ
だけどジュリー
D面
眠る君の足もとで
おしり
いも虫まる虫
まったくいかしたやつらだぜ

「LIVE AUGUST」Disc3
E面
橋の下
ニカラグアの星
アイスクリン
おもちゃの血
F面
毬絵
在中国的少年
バカボンの国のポンパラスの種
少女の夢



配信ストア
e-onkyo music
ototoy
mora

配信フォーマット
DSD5.6MHz
FLAC 24bit/96kHz
WAV 24bit/96kHz


ぷりぷり
アルバム
DSD 5.6MkHz 4500円(4860円)
FLAC 24bit/96kHz 3000円(3240円)
WAV 24bit/96kHz 3000円(3240円)
単曲
DSD 5.6MkHz 500円(540円)
FLAC 24bit/96kHz 350円(378円)
WAV 24bit/96kHz 350円(378円)

ROSA LUXEMBURG II
アルバム
DSD 5.6MkHz 4500円(4860円)
FLAC 24bit/96kHz 3000円(3240円)
WAV 24bit/96kHz 3000円(3240円)
単曲
DSD 5.6MkHz 500円(540円)
FLAC 24bit/96kHz 350円(378円)
WAV 24bit/96kHz 350円(378円)

LIVE AUGUST
アルバム
DSD 5.6MkHz 5000円(5400円)
FLAC 24bit/96kHz 3500円(3780円)
WAV 24bit/96kHz 3500円(3780円)
単曲
DSD 5.6MkHz 350円(378円)
FLAC 24bit/96kHz 250円(270円)
WAV 24bit/96kHz 250円(270円)





 

<関連リンク>

メンバー自選による初ベスト!「人間山脈の旅」
http://midiinc.com/cgi/contents/magazine.php?id=1071

ローザ・ルクセンブルグ アーティストページ
http://midiinc.com/cgi/contents/commodity.php?a=169

e-onkyo music
http://www.e-onkyo.com/music/

ototoy
http://ototoy.jp/

mora
http://mora.jp/

  • 前回の記事
  • この連載のトップ
  • 次回の記事

▲新着順▲著者順