ホームホームマガジン > 桜井芳樹/酒場にて > 和歌山

酒場にて
日本全国常に一見。だが、旨い酒にはこと欠かない。酒と少しの音楽の話。

和歌山


photo

 先月、久しぶりに和歌山に行った。それなりの音楽家人生だが和歌山での仕事はそう多くなく、多分、4回目くらいだろう。今回は四日市から車移動で和歌山に入る。運転していないので道の選択はドライバー任せだが、私の知らないルートは無く、スムースにと言うか予定より早く和歌山に着いた。まあ正直言うと、事故多発と言われる名阪国道を通ってみたかったのだが。

 宿は和歌山市駅の近く。この辺りは初めての場所だが、地図を見ると和歌山駅もそう遠くはない。とりあえず一休みして、遅めの昼食をめざした。ホテルでラーメンマップなるものを頂いたが、15時過ぎ、営業時間としては昼の休憩中の店ばかりだが、散歩も兼ね、和歌山駅の方まで歩くことにした。10分程歩いて、まだランチタイムの喫茶店を通り過ぎる。その先にマップに載っているラーメン屋の休憩中を確認し戻り、その喫茶店で暖を取る。昔ながらの喫茶店だが、割と広い。客は二組。もうここで食ってしまおうとランチを頼む。椅子が深くてなかなかに居心地が良い。600円でおつりが来るランチは唐揚げ、コロッケ、サラダ、チャーハン、汁物等々と結構なヴォリュームで、これらをつまみにゆっくり一杯やろうか、とも思ったが、時間の余裕は無し。

 さてライブはカルメン・マキ デラシネ・ツアー 2017年2回目の西日本ツアーの2日目、和歌山OLD TIME。数年前にもマキさんと松永孝義さんとのトリオでOLD TIMEでライヴをやったのだが、その時のこの店とは違う場所で以前よりもキャパシティに余裕がある。

 心地よくライヴを終え、店で一杯引っ掛けていたのだが、宿がそう近くないという事もあり、マキさんはじめメンバーは早めに帰宿。私はこの晩は何故かこの辺りで一杯やりたく、行動を別にした。というのも、近辺の赤提灯がかなり気になったのだ。

 が、気になった二軒は満席。で近くをうろついて、有名ロック・ミュージシャンの名を冠したバーで一杯引っ掛ける。そのミュージシャンには似つかわしくない雰囲気だったが、まあ構わない。ただの一杯が重要だった、ただそれだけだ。

 徒歩20分を宿まで戻る。が、方角には自信があることを過信していた。西と南を間違えていたのだ。途中のコンビニエンス・ストアで確認したら、歩きですか!?、と眼を丸くされた。結局1時間強歩いた。ささやかなライトアップの和歌山城の石垣を見上げ、煙草に火をつけたが、寒かったことは言うまでもない。

<関連リンク>

カルメン・マキ デラシネPV
https://www.youtube.com/watch?v=537NsRVN1_0

  • 前回の記事
  • この連載のトップ

▲新着順▲著者順