ホームホームマガジン > MIDI RECORD CLUB/Information > リトル・クリーチャーズ、デビュー作含む8作品が待望の配信開始。

Information

リトル・クリーチャーズ、デビュー作含む8作品が待望の配信開始。


 

かねてからクリーチャーズのファンから要望の高かった、デビュー作「THINGS TO HIDE」が収録されたアルバム『Little Creatures』から、『RADIO COLLECTIVE』までの8作品のダウンロード配信が開始された。
リトル・クリーチャーズの誕生から10年にわたる「軌跡」を、ここで改めて満喫してほしい。

 

photo

 
"二十歳になるまえに、どうしても言っておきたいことがある。"

『Little Creatures』(MDC4-1122)

1990年リリース。全6曲。
このデビュー・アルバムで堂々とした出来ばえで度肝を抜かれたのは言うまでもない。10代にして早くもマエストロの領域につま先を入れていたことが証明される。また、自作が全編英語詞ということでも当時の話題をさらった。
 

photo

 
"僕は19才、これは僕が感じていること。"

『VISITA』(MDC8-1146)

1991年リリース。全12曲。
クリーチャーズのこのセカンド・アルバムは堂々12曲収録の大作となった。狭い音楽ジャンルにこだわることなく様々な音楽的要素を自在にこなした様は、'非の打ちどころナシ!'とあらためて音楽マニアをも唸らせた話題作。
このアルバムを発表後、音楽留学のために青柳はイギリスへ、鈴木は渡米。

『NO VOTE, NO VOICE』(MDCL-1204)

1992年リリース。全12曲。
前作以降3人がロンドンで集結するまでの1年8か月の期間を通じ、それぞれがしたためた作品とサウンド・デザインを持ち寄っておこなわれたレコーディングはモチベーションの高いものとなった。

 

photo

 
『GIANTS ARE DYING』(MDCL-1262)

1993年リリース。全4曲。
それまで青柳が主にソングライティングを担っていたが、この作品から栗原、鈴木の作品やメンバー間の共作が見られるようになった。また、彼らの音楽性が一変し成長を遂げたと評された節目とも言うべき一枚。

『WEATHER BOUND』(MDCL-1300)

1995年リリース。全5曲。
ワールド・ミュージックの要素が溶け込んだミニ・アルバム。パーティー・イベント"Sign Off"を主宰していたのもこの時期。

 

photo

 
『"barbalize"』(MDDZ-56)

1996年リリース。全3曲。
次作のアルバムを予感させる'先行'シングルとして発表された。(しかしながらここに収録の3曲はいずれも次作『'little creatures meets future aliens’』には入れていないところがクリーチャーズらしい)どの曲も充実度は高く、彼らのの肥沃さを感じさせる。

『'little creatures meets future aliens'』(MDCL-1317)

1997年リリース。全15曲。
実に5年ぶりとなるフル・アルバム。クラブ・カルチャーに影響を受けたと公言しているが、想像以上に自由な発想による斬新な音作りが満載された一枚。クリーチャーズに"ありきたり"という表現は当てはまらない。

 

photo

 
『RADIO COLLECTIVE』(MDCL-1357)

1999年リリース。全16曲。
10周年を目前にひとつの節目として発表された初のベスト。良いメロディ―として評価が高かったものを含め、このアルバムのための新録曲やアルバム初収録曲を加えたラインアップとなった。
 

10代でデビュー!と言ってもそう珍しいことではないだろう。

それにしても、リトル・クリーチャーズの出現になぜ世の中があれほど驚いたのかには、本人たちがすでに備えていたテクニカルなレベルの高さのほかにも「理由」があった。

英語の表現に"down-to-earth"というのがあるが、クリーチャーズの3人が音楽と向き合うすがたは、最初から変わっていない。
まさにこの言葉どおり、地にしっかりと足をつけた姿勢で取り組んでいる。
そのたたずまいは、つっぱっていないのにいつもクールで、へそ曲がりでもなく、斬新だけど自己満足なマニアックさもなくカッコイイ。

こうゆうのを本物の「格好良さ」というんだなと、クリーチャーズはいつの時代にも教えてくれる。


とんだコドモが出てきたものだ! と初めて騒がれてから30年が過ぎた。
グループとしての活動は、"つかず離れず"の健全なスタンスを保ち続け、音楽の世界でも成熟したオトナになり、なおも進化し続けているリトル・クリーチャーズ。

 

2018年11月1日(木)配信開始!

・『Little Creatures』
・『VISITA』
・『NO VOTE, NO VOICE』
・『GIANTS ARE DYING』
・『WEATHER BOUND』
・『"barbalize"』
・『'little creatures meets future aliens'』
・『RADIO COLLECTIVE』

 

 
 
ダウンロード配信 配信ストア・配信地域

【販売価格】
単曲価格 ¥200(税抜)+税
フルアルバム 価格¥200(税抜)× 曲数 +税
フルアルバム(収録曲数12曲以上)一律価格 \2,400 +税

【ダウンロード配信ストア/配信地域】
・iTunes Store (国内・海外)
・music.jp (国内)  
・oricon (国内)
・mora (国内)
・レコチョク (国内)
・Google Play (国内・海外)
・ototoy (国内)
・ドワンゴジェイピー (国内)
・mysound (国内)


サブスクリプション 配信ストア・配信地域

・Apple Music (国内・海外)
・amazon (国内・海外)
・Spotify 国内・海外)
・Google Play Music (国内・海外)
・レコチョク (国内)
・KKBOX (国内)
・AWA (国内)
・LINE MUSIC (国内)
・うたパス (国内)
・SMART USEN (国内)
・Rakuten music (国内)

 

 

 

 

<関連リンク>

LITTLE CREATURES アーティストページ
http://midiinc.com/cgi/contents/commodity.php?a=29

LITTLE CREATURES official site(TONE)
http://tone.jp/musicians/littlecreatures

  • 前回の記事
  • この連載のトップ
  • 次回の記事

▲新着順▲著者順