ホームホームマガジン > MIDI RECORD CLUB/一ノ宮頼子3rdアルバム “Buenos Aires” > 儚く強きウィスパーボイスを持つ 孤高のシンガーソングライター、一ノ宮頼子の3rdアルバム『Buenos Aires』が2019年11月13日に発売。

一ノ宮頼子3rdアルバム “Buenos Aires”

儚く強きウィスパーボイスを持つ 孤高のシンガーソングライター、一ノ宮頼子の3rdアルバム『Buenos Aires』が2019年11月13日に発売。


photo

 
儚く強きウィスパーボイスを持つ 孤高のシンガーソングライター
一ノ宮頼子の3rdアルバム “Buenos Aires”。

葬式フォーク、瀕死のリッキー・リー・ジョーンズ、至宝と謳われ
海外からの評価も高い前作 “丹後恋唄”より9年の年月を経て発表される本作。

スティーヴ・エトウ(Perc.)、中村哲(Sax.)、河合徹三(A.Bass)、深澤秀行(Synth.)という
レジェンドアーティストたちを迎え、自在に操る澄んだ音は、どこまでも深い魂の叫び。

Buenos Aires出身 NY在住の鬼才、
グラミー賞受賞作曲家・ピアニスト Fernando Otero とのコラボレーションは必聴。



Solitary singer-songwriter Yoriko Ichinomiya’s third album "Buenos Aires" is here, nine years after “Tango-Koiuta.” Her music is cherished as
“hidden treasure,” referred to as “funeral folk” sung by a “dying Rickie Lee Jones.”

Yoriko's whisper like singing is fragile yet compelling, expressed from deep within her soul. She is accompanied by legendary artists, Steve Eto (percussions), Satoshi Nakamura (saxophone), Tetsuzo Kawai (acoustic bass), and Hideyuki Fukasawa (synthesizer).





 

photo

CD
MIDI Creative [CXCA-1312]
¥2,300 (税抜価格)+税
2019.11.13 release

Song List

1 Buenos Aires
2 さくらさくら変奏曲 - Sakura Sakura Variation
3 紅 - Red
4 Solitude
5 Not Gonna Fall
6 Tututa
7 Modern Day Woman Blues
8 鰯雲 - Iwashi Gumo
9 Will be Born Again
10 Broken Pieces






3rd Album “Buenos Aires” Release に寄せて


How many times, in your life,
have you felt tears roll down listening to a single note?

How many times, in your life,
has your heart raced from a ray of light, a dancing color?


人生において 幾度 気がついただろうか。
たったひとつの音に、流れる涙を。一筋の光に、踊る色に、速くなる鼓動を。



I am grateful and proud to have collaborated with wonderful artists who gave me these moments. They brought my songs to life.


そんな瞬間をくれる素晴らしいアーティストたちと今回、コラボレーションができたことを、
誇りに思います。彼らの音が、色が、私の作品に命を与えてくれました。



I read books to travel.
I travel the world to listen.
I listen to notes to see above.
I create music to breathe.

I want the world to feel it.


旅をするように 本を読み。
音を聴くように 世界中を旅して。
上を向くために 音を聴き。
息をし続けるために 音楽を作ってきました。

世界中の人に感じてもらえたら、本当に、嬉しい。



I am standing here,
you are holding me up.

Thank you.
Love to you all.

みんなのおかげで、立っていられるのだと。
心からの愛を。ありがとう。

November 13, 2019
一ノ宮頼子 Yoriko Ichinomiya







リリース先行公演情報


アルバム発売に先駆け 初来日となる Fernando Otero とのリリース先行公演。
アルバムジャケットを描く気鋭の画家 Keeda Oikawa のライブペインティング。
Music Videoを監督する映像作家・小林基己とのコラボレーションの夜。

Yoriko Ichinomiya and Fernando Otero, in Japan for the first time,
will collaborate on stage with world traveling painting artist Keeda Oikawa who deigned the album cover, and director/cinematographer
Motoki Kobayashi, who directed the music video.

 


Yoriko Ichinomiya New Album "Buenos Aires"

             Pre-Release Party with Fernando Otero





2019.11.2 (Sat) @天王洲 ISLE KIWA (http://www.oasis-kiwa.com) 

Open 18:00 / Start 19:00

Ticket Adv.4000円 / Door 4500円 ( + Drink)



Pf / Vo : 一ノ宮頼子 Yoriko Ichinomiya

Pf : フェルナンド・オテロ Fernando Otero

Live Painting : キーダ・オイカワ Keeda Oikawa

Screening : 小林基己 Motoki Kobayashi




 
現代アルゼンチン音楽界・屈指の天才コンポーザー/鬼才ピアニスト、フェルナンド・オテロ

ニューヨークを拠点に、クインシー・ジョーンズ、クロノス・カルテット、エディ・ゴメス等と共演、グラミー賞受賞・ノミネートも複数重ねるなど、現代アルゼンチン音楽屈指の実力派として名声を集める。タンゴをルーツに、ポスト・ピアソラ~コンテンポラリー・クラシック~ジャズ・インプロヴィゼーションまでを自在に行き来し、現代音楽オーケストラからヴァイオリン・ソナタやピアノ独奏曲までを自在に書き分ける天才コンポーザーにして、ピアノ演奏のヴィルトゥオーゾとしても知られる。

フェルナンド・オテロ プロモーションビデオ(日本語)
https://www.youtube.com/watch?v=8Ky9fT3b90M&feature=youtu.be

 

photo

Fernando Otero

Fernando Otero is a GRAMMY®-winning Argentine composer, pianist and vocalist based in New York City.

He has been described by many critics as a classically-trained virtuoso pianist and composer who developed his own style by blending elements of classical contemporary music and improvisation while acknowledging Tango as a starting point. He found his voice when he began to incorporate the indigenous sounds of his native Buenos Aires into his work.

Otero's pianism displays song-like melodicism, expressiveness and a wide palette of colors. He possesses a particularly strong rhythmic intensity when performing up-tempo pieces, playing notes repeatedly with piston-like precision that contrast with sudden detours into day dreamy pastels.

Otero has recorded 16 albums as a solo artist and performs more than 100 international concerts yearly. His works are published by Warner Chappell Music and his albums have been released by Nonesuch Records, Warner Music, Harmonia Mundi and World Village. He has received commissions from performers and institutions worldwide and has written music for orchestra, chamber ensembles, string quartet and choir, as well as for solo instruments including piano, violin and cello.

He received two Latin Grammy nominations for his album Ritual, released in 2015, as Best Classical Album and Best Classical Contemporary Composition.

In 2016, Otero put out another studio work entitled Enigma and was nominated for Best Classical Contemporary Composition.

In November 2017 he received the Latin Grammy for his latest album, Solo Buenos Aires, which came out in April 2017, where Otero reconnects with the song form as vocalist, multi-instrumentalist, and arranger, comprising a collection of songs written during the first half of the 20th century in Buenos Aires, with arrangements for orchestra.

His first contact with music was receiving vocal lessons from his mother Elsa Marval -an internationally acclaimed singer and actress- and started taking piano lessons at age five. He also studied the guitar, bass, drums, and later composition with Domingo Marafiotti.

Many of his compositions were commissioned by The New York State Council on The Arts , Lincoln Center, Laguna Beach Festival (featuring Otero as composer-in-residence), St. Ursanne International Piano Festival in Switzerland, and by performers such as the Kronos Quartet, the Imani Winds ensemble, Inbal Segev and Jason Vieaux, Paquito D'Rivera, and Arturo O’Farrill.

Shortly after moving to the US in the 1990's he worked with correspondingly diverse collaborators including Paquito D'Rivera, the Kronos Quartet, Quincy Jones, and Eddie Gómez ?who in 2005 introduced Otero as one of the great pianists of a new generation. Otero has scored the soundtracks for numerous movies, including Sin Palabras, DD is Dead, Unloosened and Root, A Strange Turn, and Franketienne.


 

一ノ宮頼子プロフィール

横浜 → 東京 ←→ N .Y.

3歳からYAMAHAでピアノを、 6歳から音楽理論を学び、クラシックの作曲をはじめる。YAMAHA・JOC(ジュニアオリジナルコンサート)のコンクールに出場。サッカーでは 12歳から読売ベレーザ(現 日テレベレーザ)に所属し なでしこリーグ出場。1990年オールスター東日本代表選手。

その後 早稲田大学進学のためにサッカーを引退しダンスに没頭。大学を休学し ニューヨークでダンス修行。ジャズダンス・モダンダンス・バレエなど 何でも踊る。

帰国後、モデル活動をはじめ、CMやショーへの出演を行いながら、楽曲制作を始める。1999年度の全国オーディションにより12000人の中から選出され SMA(ソニーミュージックアーティスト)に所属。TV・FMラジオにレギュラー出演しつつレコーディングを行いマキシシングル『 媚薬 』を発表。MIDI Recordへの移籍後 1st Album『 chaos 』を発表。その後北米大陸を放浪中に出会ったアイスホッケーと恋に落ちる。帰国後まもなく音楽活動を休止し、アイスホッケーをするために北海道へ移住。

北海道でジャズダンス・インストラクターやFM-Jagaでのパーソナリティ活動を行いつつ アスリート生活を。アイスホッケーでは日本女子最高峰リーグでプレーし、カナダにて公認コーチングライセンスを取得。カナダ代表選手に混ざりサマーキャンプのボランティア参加。インラインホッケーでは日本女子代表キャプテン/アシスタントキャプテンを務め 世界選手権4回・北米選手権7回出場。2007年3月にアイスホッケーを引退。第二の故郷となった北海道で音楽活動を再開。

北海道 → 東京→ 横浜

2008年から音楽活動に専念。アーティスト名を本名の「一ノ宮頼子」と改め 東京都内を中心にアコースティック・ ライブの活動を再開。2008年春に癌が発見され 日本代表キャプテンとして出場するはずだったインラインホッケー世界選手権ドイツ大会を諦め 手術。療養期間にレコーディングを行い 自主製作盤『ひかり』を発表。
安静療養期間に大型犬3匹を連れ 車で日本一周。40日の旅の間に 驚くほど早く回復。

FM COCOLOほかFM局でのレギュラーパーソナリティを務め 2010年 2nd Album『 丹後恋唄 』をリリース。クリエイティブなアプローチと類い稀なウィスパーボイスは葬式フォークと言われ 海外からのファンも多く集める。収録曲「さよならのうた」2012 公開映画『庵治石の味』(片岡秀明監督作品)主題曲。2014.・2015年にはアーティストのためのサッカー・ワールドカップである Art Football(ロシア・モスクワ)に招待され大会史上初・唯一の女子選手としてプレー。野外ステージで行ったライブではロシア全土にテレビ放送され観衆から大歓声を浴びる。2019年 スティーヴ・エトウ(Perc.)中村哲(Sax.)河合徹三(A.Bass)深澤秀行(Syn.)というレジェンドアーティストたちを迎え、アルゼンチン出身の鬼才 Fernando Otero との初コラボレーションを含む 3rd Album 『Buenos Aires』を発表。生まれ育った街・横浜で猫二匹と暮らす。






 

<関連リンク>

一ノ宮頼子
commodity.php?a=267

Yoriko Ichinomiya Offical Website
http://yorikoichinomiya.com/

Fernando Otero
http://www.fernandootero.com

KIWA
http://www.oasis-kiwa.com/

  • この連載のトップ

▲新着順▲著者順