ホームホームマガジン > MIDI RECORD CLUB/Magazine MIDI Archive > #56 横手ありさニューアルバム「わたしははだかんぼ」7月24日発売!

Magazine MIDI Archive

#56 横手ありさニューアルバム「わたしははだかんぼ」7月24日発売!


photo

 
呼吸と声から派生するあらゆる響きで色彩を運ぶうたうたい。音楽家。ウクレレ弾き語りのシンガーソングライター。
SUNDRUM、晴ツ、Lupe∝ではメインボーカルとクリエーションを手がけ、アート、現代音楽、ポップス、JAZZ、民俗芸能、伝統音楽などのジャンルを横断的に活動している。
パラリンピックのNHK公式CMソングへの参加、舞台作品への楽曲提供や、障害のある子供達との音楽交流やWS、近年は、台湾、韓国、マレーシアなど、アジア各地へのフィールドワークとコラボレーションを行い、絶海の孤島、青ヶ島に伝わる古謡の唄い手でもある。
ウクレレ弾き語りでは、カフェ、ギャラリー、飲み屋、ストリートなど、身ひとつで気ままに語りうたゆたう。
 





横手ありさ
New Album
「わたしははだかんぼ」
 

photo

2019.7.24 release CXCA-1311 2,300 yen+tax

 
2ndアルバムとなる本作は、そんな彼女の多彩な音楽性と、シームレスなアート活動によって培われた豊かな表現力が、余す事なく発揮された一大絵巻となっている。
ジョニ・ミッチェルをも彷彿とさせる声の伸びやかさ、メレディス・モンクの如く変幻自在なボーカリゼーション。本作を聴けば、人間の「声」が持つ力に改めて気づかされるはずである。
「国や時代を超えた、人間のルーツと向き合っていきたい」と旅を重ねてきた彼女の音楽には、ユニバーサルなソウルが宿っている。時に可笑しく、やんちゃでおどろおどろしくも、最後には美しいものをシンプルに「美しい」と言い切る、人間的な素直さが彼女にはある。そしてそれは強さだ。
一見、アブストラクトで幻想的ですらある彼女の詞世界も、読み込めば様々な捉え方があり、聴き手が各々のパーソナルな心情を託すことができる。
スペシャルゲストとして水谷浩章(ba)が参加。レコーディング、ミキシング、マスタリングは内田伸弥(内田音響研究所)が担当。
 

<<Track List>>
1ビッグバン
2にしへの路
3おしゃべり鳥の森
4 dandan
5きみのうみ
6小瓶の船
7のらくら小唄
8ラヒヤライ Lahiyalai
9わたしははだかんぼ
10ほとり
11泥
12まそらから
13若葉の向こう


 

<関連リンク>

横手ありさ - アーティスト - ミディレコードクラブ
http://midiinc.com/cgi/contents/commodity.php?a=314

Arisa Yokote
https://arisa-utautau.jimdo.com/

  • 前回の記事
  • この連載のトップ

▲新着順▲著者順