ホームホームマガジン > めいりん/かくめい日和 > 詩;2011.夏

かくめい日和

詩;2011.夏


2011.夏


弱々しい蝉の声
映らないテレビ
もう知らない福島
見慣れた節電営業
Yahooの今日の電力予報
揺れる日々
ゆれる日々
またゆれる
今日も揺れた
崩れた日常
始まった
どことなく違う日常
セシウム牛
閉ざされた3.11
見えない毒
畑へ着地
家へ着地
人へ着地
空を舞って
街を飲み込む
あきらめ
ためいき
引越し

ガラガラの海水浴場
冷却装置
隠蔽
政府
ゆれる日々


2011
日本の夏。

流れた涙は海となって
遠く遠く遠く遠くまで
悲しみを運ぶ
地球を一周ぐるりと回って
また繰り返す


叫んだ声は雷となって
怒りが落ちてゆく
山へビルへ
地面を割って地底を突き抜ける

ため息は雲となって
重い空気を背負って飛んでゆく
東京駅の上に新幹線の上に
着地し出発する


2011
日本の夏。

  • 前回の記事
  • この連載のトップ

▲新着順▲著者順