Apple Music Spotify Amazon Music Youtube Twitter
A A
Apple Music Spotify Amazon Music Youtube Twitter
A A

Gllia

kazumasa hashimoto

CXCA-1183 ¥2,381 (税抜価格)+税 /[SHM-CD] /2006.3.10

[ 思えばエレクトロニカのルーツ、アート・オブ・ノイズに『ドビュッシーの誘惑』というアルバムがあった。過度期だからこその企画性の強いアルバムだったが、その裏側には電子音楽からクラシックへの敬愛、美しい旋律への募る想いが込められていた。そんな彼らがkazumasa hashimotoの作品を聴けば、きっと新世代の才能の誕生を喜んでくれるに違いない。いま彼がジャンル分けされやすい、この〈エレクトロニカ〉という言葉に懐かしい響きを感じる時代が来たとしても、彼は作曲家として評価されていくだろう。その時には、間違いな『Gllia』は彼の代表作として愛され、〈hashimotoの誘惑〉でリスナーを魅了しているはずだ。きっとブラッドベリが描いた星空のように、静かな煌めきを放ちながら。 村尾泰郎(Yasuo Murao)

    Disc 1

  • 01. Theme
  • 02. Mr. Gleam
  • 03. Monochrome prome
  • 04. 001 [far]
  • 05. Ne connissons
  • 06. Ruinruin
  • 07. Gllia
  • 08. 002 [esbia]
  • 09. Milmils
  • 10. Drama
  • 11. The happy days passed like a dream
  • 12. Curtainfall

Digital

iTunes Spotify

Physical

Amazon TowerRecord